介護福祉士の仕事

介護福祉士の仕事

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士の仕事記事一覧

介護福祉士の仕事内容

介護福祉士の主な仕事内容としては、大きく「身体介護」「生活援助」「社会活動支援」と「介護指導」があります。介護される人の症状により介護内容が変わるので、1人1人の症状や行動パターン、考え方など、相手に合わせての介護が大切です。「身体介護」とは、身体的、精神的障害を持つ人の食事、排泄の介助、入浴、衣服...

≫続きを読む

 

介護福祉士の在宅系職場

介護福祉士の職場は、大きく「在宅」と「施設」に分けることができます。施設の運営は社会福祉法人や医療法人、NPO法人、株式会社などいろいろあります。在宅が対象の場合、大きく『訪問系サービス』と『通所系サービス』に分けられます『訪問系サービス』は高齢者のお宅に直接訪問して、介護サービスを行います。具体的...

≫続きを読む

 

介護福祉士の施設系職場

介護福祉士の「施設系」の職場は、介護老人福祉施設や介護老人保健施設、介護療養型医療施設など入所して必要な介護を受ける『入所系サービス』と、有料老人ホームやケアハウスのように居住環境を重視した『居住系サービス』があります。『入所系サービス』としては、常時介護が必要で、家庭では適切な介護が受けられない方...

≫続きを読む

 

介護福祉士に求められる能力

介護福祉士にはプロフェッショナルな国家資格者として求められる能力があります。国家試験が介護福祉士に求める適正としては、まず「介護に必要な技術やスキル」が挙げられます。更に「介護知識」「最先端の知識を求める向上心」も重要です。また支援者として「利用者の自立を支援する介護ができること」「介護する相手(利...

≫続きを読む

 

介護福祉士の就職活動

無事に介護福祉士の資格がとれたら、資格を活かした就職活動が必要ですね。実務ルートなどですでに働いている方でも、転職を考える場合など、就職活動が必要な場面があると思います。オーソドックスな方法といえば、求人情報誌やハローワークなどを利用する方法もありますし、インターネットでは大手含め、たくさんの総合求...

≫続きを読む

 

介護関係の仕事とは

少子高齢化の本格化とともに、今後ますます重要性が高まる介護関係。その中でも最も重要なポジションを担うのが介護福祉士ですが、それ以外にも介護関係の仕事に関わる方法はあります。まず、介護福祉士と並ぶ福祉政策の柱であり、国家資格である「社会福祉士(ソーシャルワーカー)」。身体・精神などの何らかの問題によっ...

≫続きを読む

 

介護福祉士の職場

介護へのニーズの増大によって介護福祉士の存在感が高まっています。人手不足ということもあり、優れた人材は引く手もあまたな状況です。では介護福祉士が働く場にはどのような施設があるのでしょうか。まずやはり介護関連の施設。介護福祉士がもっとも必要とされ、力を発揮できる職場です。介護関連施設にもじつにさまざま...

≫続きを読む

 

介護福祉士の仕事あれこれ

介護福祉士といえば介護の現場で直接要介護者と接し、サービスを行う仕事です。それだけに介護業界の中核となる重要な存在なのですが、では実際にどのような仕事を行うのでしょうか。基本となるのが入浴・食事・排泄の介助です。健康上の理由で一人ではスムーズに日常生活を送れない人に快適なサービスを提供することになり...

≫続きを読む

 

介護福祉士の年収

介護業界の中核を担う存在として注目されている介護福祉士。ニーズの増大や人手不足の影響もあり、就職・転職の選択肢として注目を集めるようになっています。働き口に困らないといわれる資格ですが、待遇面ではどうなっているのでしょうか。介護福祉士の平均年収に関してははっきりとしたデータはなく、判断をするのが難し...

≫続きを読む

 

介護福祉士の就労状況

介護福祉士にはさまざまな就職先があると言われています。社会福祉関連の施設だけでもじつに多彩な選択肢が用意されています。では実際に介護福祉士の資格を取得した人はどのような就職先を選んでいるのでしょうか。もっとも多い選択肢となっているのは特別養護老人ホーム。全体の3割近くを占めているというデータもありま...

≫続きを読む

 

介護福祉士の雇用形態

高齢化が進むにつれて介護福祉士へのニーズが高まっています。その一方で人手不足や離職率の高さなども問題となっています。これは介護福祉士の雇用形態にも大きな影響を及ぼしています。介護福祉士の雇用形態は正社員のほか、派遣や契約社員、パートなども含まれています。これは雇う側と雇われる側両方の事情があります。...

≫続きを読む

 

介護福祉士の需要

介護福祉士の需要は、今後、確実に伸びると言われています。需要に関してだけ言うと『あるし、確実に増える』と言われています。日本が、少子高齢化だという現実は、誰でも知っています。そして、日本人の平均寿命も伸びています。介護職に就いている人が介護をする人は、高齢者だけではありませんが、高齢者が多くいること...

≫続きを読む

 

介護福祉士が活躍する現場

『介護福祉士が働いている現場』と言われて、一番に思い付くのは“老人ホーム”“介護を必要としている人の自宅”という人も少なくないと思います。介護福祉士を必要としている現場は多くあります。老人の介護が一番に浮かびやすいのは、それだけ介護を必要としている高齢者が増えていることが挙げられるでしょう。実際に介...

≫続きを読む

 

介護福祉士の給料

介護福祉士は、求人が多い職種です。しかし、一度介護福祉士になったとしても、労働の中身と給料が見合っていない、との理由で離職者が多い職種でもあります。「少ない給料だ」と言われても、実際の給料はどうなっているのか、気になる人が多いでしょう。介護福祉士の働いている現場によっても、多少の格差はあります。平均...

≫続きを読む

 

介護福祉士の具体的な仕事

介護福祉士の仕事は、主にケアワークとなります。ケアワーカーと呼ばれている方々が介護福祉士と言ってもいいかもしれません。ケアワークは、介護が必要な方のために様々な援助をすることがメインです。つまり、「お手伝い」「サポート」といったところでしょう。援助といっても、専門的な知識がないとできない事が多いため...

≫続きを読む

 

介護福祉士の活躍する職場

介護福祉士の方が活躍している職場は、多岐にわたります。まず、一番多いと言っても良いのが介護老人福祉施設と呼ばれている施設です。たとえば、養護老人ホーム、有料老人ホーム、介護保険施設、通所リハビリステーションなど他にもあります。時には、訪問介護を専門としている職場で働くこともあるでしょう。介護者や高齢...

≫続きを読む

 

介護福祉士の主な仕事(入浴介助)

介護福祉士の方の主な仕事として挙げられるのが入浴介助です。入浴介助というのは、一人で入浴ができない方のために手を貸すことで入浴をしてもらうものです。障害者はもちろん高齢者の方でも一人での入浴が危険であると判断される時や体が思うように動かない方のために介護福祉士が入浴の介助を行います。入浴介助といって...

≫続きを読む

 

介護福祉士の主な仕事(食事の介助)

介護福祉士の方は、介護者が一人での食事が困難な際に食事を口に運んであげたりする作業も行う事も多く、食後の口腔ケアなどについても知識がなくてはいけません。また、食事の際の食べ物を飲み込む時に危険がないかどうか、食事の量や食物の大きさなどについてもチェックしていくことになります。人それぞれ食事のスペース...

≫続きを読む

 

介護福祉士の給与実態

介護福祉士はとてもやりがいのある仕事の一つとなっていますが、現実と理想はかけ離れているとも言われています。厚生労働省より介護に携わる方の平均的な給与の額などが公表されていますので参考にはなるでしょう。しかしながら、介護に従事する者の平均の賃金ですからそれだけではないということも忘れてはいけません。地...

≫続きを読む

 

介護福祉士の仕事の概略

介護福祉士というのは、1人で日常生活を送るのが困難な人を助けるための資格です。それは食事や入浴、そして排泄といった、人間らしい生活をするのに必要なことを介助するためにあると言えます。とくに多いのが高齢者の介護です。特別養護老人ホームやデイサービスセンターといった施設での勤務から、自宅へ訪問するものま...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略